コーヒーにあう水の種類「㏗、ミネラル成分、硬度」による味の違いを徹底解説!

単体で飲んだらおいしい水も、コーヒー粉を通すと極端にマズくなることがあります。

だから『日本の水はおいしいから何でもいい』なんて思わず、しっかり適切な水を選びましょう。

ティピーコペ
水について神経質になり過ぎるのはよくないけど、でもおいしいコーヒーのためには1度しっかりと考えてみましょう♪

コーヒーにあう水の結論は、㏗が中性付近でミネラルが少量の軟水が最適です。

この記事では、水の種類とコーヒーに合う水の性質について紹介します。

『どんな水がコーヒーに合うのか』疑問に思ってる人は参考にしてください。

【水についての大枠】4分類

  • ナチュラルミネラルウォーター(天然水)
  • ナチュラルウォーター
  • ミネラルウォーター
  • ボトルドォーター

ナチュラルミネラルウォーター(天然水)

採水までとてもい時がかかってるので高価

ナチュラルミネラルウォーターとは、ミネラルがたっぷり溶けこんでる地下水をくみ上げて、「沈殿・ろ過・加熱殺菌」のどれかの処理のをしてる水のことをいいます。

山の上から数百年単位のながい時間をかけて、土・石からミネラルを吸収して湧きでた水を使用してるので、どうしても価値が高くなります。

ティピーコペ
ちなみに海外は高い山が多く、水がミネラルをたっぷり吸いながら長い時間をかけて流れていくので、硬水が多いです。

ナチュラルウォーター

ナチュラルウォーターとは、ミネラルがあまり溶けこんでない「鉱水」「鉱泉水」と呼ばれるもので、「加熱・沈殿・ろ過」のどれかの処理のをしてる水のことを言います。

ミネラルウォーター

ミネラルの添加ができるので安価

ミネラルウォーターとは、ミネラルを含んでる地下水のことです。

品質を安定させるために「沈殿・ろ過・殺菌・ミネラル成分調整・ブレンド」の処理をしてます。

ティピーコペ
ちなみにコーヒーの大会では独自で欲しいミネラルを添加するカスタムウォーターをつくる文化がありますが、このカスタムウォーターもミネラルウォーターということでしょう♪

ボトルドウォーター(RO水含む)

ボトルドウォーターとは、飲用できる「水道・純粋・蒸留水・河川」の水です。

ちなみにRO水は水道水を特殊な膜でろ過した、いわゆる純粋のことで、後でミネラル調整(添加)してるRO水もあります。

ティピーコペ
ちなみに、水道水でも夏になると菌の増殖を防ぐためにカルキの量が多くなってます。

水の硬度について

水の硬度とは、水に含まれるカルシウムマグネシウム量を表した数値です。他のミネラルは硬度には含まれません。

硬度の高い水はミネラル分が多いかわりに、口当たりが重くなるのが特徴。

水そのものの飲み心地は、硬度が0から100までがおいしく、100を超えると苦みやエグみが舌を刺激を与えます。

硬度種類水自体の味
60以下軟水癖がなくクリーン
60~120中軟水↑飲みやすい
↓飲みにくい
120以上硬水苦味などの強い癖

コーヒーと水の硬度

さて、結論ですがコーヒーは軟水で淹れましょう。

理由は硬水だと雑味が際立ち、舌に嫌な味が残るから。

具体的に言うと、超軟水で淹れたコーヒーは心地いクリーンな味に仕上がり、すこし中軟水に傾くとコーヒーの濃度・香りが上昇します。

さらに硬水になるにつれて、嫌な苦味や雑味、舌になにかが引っかかる感じがあらわれます。

なのでコーヒーには超軟水から適度な軟水がオススメ。

とはいえ、軟水でもバナジウムやシリカなどのミネラルが大量に入ってると、ネガティブな味わいになることもあるので注意。

ティピーコペ
ミネラルのバランスがとても難しいので、トライ&エラーの世界です♪

水のpH(ペーハー)について

pH(ペーハー)とは、酸性か、中性かアルカリ性を1~14で数値化したものです。

  • 1:酸性(酸味より)
  • 7:中性
  • 7.4:身体の酸性度
  • 14:アルカリ性(まろやか)

コーラなどの炭酸や栄養ドリンクは酸性で、牛乳や豆乳、麦茶がアルカリ性の飲み物です。

ティピーコペ
イメージ通り、胃にやさしそうなのがアルカリ性です♪

コーヒーと水の㏗

コーヒーは酸性で、phで言うと5程度。そこに酸性よりの水を使ってコーヒーを淹れると酸味がより引き立ちます。

アルカリ性の水を使うと酸味が弱まり、角のとれた甘くまろやかなコーヒーにって、しっかりとしたフレーバーも感じやすくなります。

pHだけでいうとアルカリ性の水がいいですが、アルカリ性の水は硬度がたかい水が多いので注意が必要です。

まとめ

おいしいコーヒーを飲むためには水選びが大切です。

水には硬度、ミネラル成分、pHが大きく関わるので、水の成分表を見て選びましょう。

コーヒーに合う水の基準はコチラ

硬度超軟水~中軟水
ミネラルあまり入ってなくて、少量のマグネシウムとカルシウムが入ってる
pHできればアルカリ性