グラインダーゴー!家でも外でもおすすめのタイムモア電動コーヒーミル!

色んなメーカーから実に様々な「コーヒーミル」がでてますが、値段も性能もピンキリなので、『何を選べばいいか、わからない』と悩んでませんか?

でも失敗したくないし、性能とコスパのいいコーヒーミルが欲しいですよね。

この記事では、コスパと使い勝手が優秀な電動コーヒーミル「グラインダーゴー」を紹介します。

初めてのミルはもちろん、家コーヒーの上級者も使える高品質なコーヒーミルです。

こんな人は参考にして下さい。

  • コーヒーミルで失敗したくない人
  • コスパが高いミルを買いたい人
  • 家でも外出先でも使いたい人

\さっそくチェック/

グラインダーゴーが向いてない人

とにかく安く豆を挽きたい人

今回紹介してるグラインダーゴーは1万5000円と安くはないので、『とにかく安いミルで今すぐ豆を挽きたい!』という人には向いてないかもしれません。

でも安いミルで失敗して欲しくないです。

  • おいしく挽けない
  • すぐ豆が詰まる
  • 挽くのが面倒になる

安いミルや手挽きミルを考えてる人も、この記事を読んで改めて考えてみて下さい。

カフェも開ける高性能ミルが欲しい人

カフェで使うには「挽き具合の精度、連続性、耐久性」が必要で、何十万円という価格になります。

家庭用ミルで「ギリギリ」カフェも開けると言われてるのは、フジローヤルの「みるっこ」という電動ミルで、「予算と置き場所」が許すならおすすめなミルです。

【TIME MORE】タイムモアとは

TIME MORE JAPAN公式ホームページより

TIME MORE(タイムモア)は、情熱的なコーヒー愛好家が集まって始めた上海のコーヒーメーカーです。

誰もが使い易くをモットーに、コーヒーの楽しさを追及。高いコストパフォーマンスと洗練された質感で、近年のコーヒー業界で大注目されてるメーカーです。

そもそも手挽きミル(手動)より、電動ミルを選んだ方がいい理由

電動ミルは自分の代わりにコーヒーを挽いてくれて、すごく楽です。

「ごりごり」手で挽くミルには憧れるけど、何杯か淹れてるとただの作業になって、大好きなコーヒーが面倒になるんですよね。

電動ミルにすると「ミルを回してる時間と労力が節約」できるのでおすすめです。

グラインダーゴーを選ぶ理由(メリット)

コーヒーミルを選ぶポイントは人それぞれ色々ありますが、僕がこのグラインダーゴーを選んだ理由は主にコチラです。

  • 時間と労力を節約できる電動タイプ
  • コンパクト
  • アパートでも使える静穏性
  • 家はもちろん旅行、アウトドアに持っていける
  • コードレスで、充電中でも使えるタイプ
  • 電源オートOFFしてくれる
  • コストパフォーマンスがピカイチ

時間と労力を節約できる電動タイプ

グラインダーゴーは使い勝手のいい電動タイプ。

電動ミルを使うと、「時間と労力から解放」されます。

1日に何度かコーヒーを挽いて飲みますが、時間をかけて手で挽くのは「時間と労力」が勿体ないです。
(自分の経験談より)

グラインダーゴーならあっという間に挽き終わるし、何杯挽いても疲れないのでおすすめです。

コンパクトでスタイリッシュ

グラインダーゴーはコンパクトで何処に置いても馴染みます。

500mLペットボトルと同じ大きさで、少し太い程度のサイズ感。

比較的狭いアパートでも「ちょこん」と置くと、かわかっこいい存在になります。

グラインダーゴーは圧迫感がなくて、良い意味で存在感がないのでおすすめです。

アパートでも気にならない「静穏性」

グラインダーゴーは豆を静かに挽いてくれる電動ミルです。

モーター音も、豆を砕く音も凄くおしとやか。

同じハンディタイプでも人気の「オーシャンリッチG2」はうるさくて周りの目が気になりますが、グラインダーゴーなら大丈夫。

グラインダーゴーは突き刺して切る「高級ミル刃」を採用し、モーター音と粉砕音が小さいので、アパートで使う人にもおすすめです。

家はもちろん旅行やアウトドアに持っていける

グラインダーゴーは携行に向いてます。

小型、コードレスで、挽き具合も優秀で、実家の帰省やキャンプにもベストマッチ。

たまの外出なので『手挽きでもいいかな』なんて思いますが、何杯も手で挽いてると疲れるので、こんな時ほど電動がいいです。

グラインダーゴーは「キャリーケース」まで付属してるのでおすすめです。


キャリーケース
  • 直径:10㎝
  • 高さ:22㎝

コードレスで、充電中も使えるタイプ

グラインダーゴーは充電中でも使用できます。

他のコードレスタイプは充電中に使えないタイプもあるので注意。さぁ使おう!ってときに使えないと凹みますよね。

グラインダーゴーはバッテリーが劣化した場合も「据置タイプ」として使い続けられるのでおすすめです。

痒いところに手が届く電源オートOFF機能

グラインダーゴーは挽き終わると勝手に止まります。

挽き終わりを待って「停止でボタン」を押さないので、挽いてる間に、

  • お湯を沸かす
  • コップ、ドリッパーの準備

などができます。

グラインダーゴーは自動電源OFFで待ち時間なくコーヒーが淹れられるので、おすすめです。

コストパフォーマンスがピカイチ!

グラインダーゴーはコスパのいい電動ミルです。

考え抜かれた使い勝手のうえに、2万クラスの手挽きミルに使ってる「ハイスペックなミル刃」を使ってます。
(G1プラスの高級チタンコーティングE&B臼式コニカル刃)

グラインダーゴーは「電動×高級ミル刃×静か」なのにコンパクトにまとめて2万円以下という破格なのでおすすめです。

「タイムモア」グラインダーGoのスペック

一応スペックも紹介しておきます。

サイズ200×85㎜
重量640g
バッテリー800mAhリチウムバッテリー×2
充電コードUSBタイプC:100㎝
充電時間2~3時間
挽き目14段階の調整が可能
挽ける量1回で60gまで挽けます
挽く時間15gだとおよそ30秒
付属品

キャリーケース、掃除ブラシ、充電コード

\導入してみる/

購入の注意点(デメリット)

旧式品に注意!

たまに同じ価格で旧式品が販売されてる事があります。

せっかく買うなら旧式より新しい方がいいですよね。

旧式品との違いはコチラ。

旧式新型
キャリーケースなしあり
ミル刃の
チタンコーティング
なしあり

「キャリーケース」は持ち運びにすごく便利でかっこいいのでマストです。

ミル刃も金色にチタンコーティングされてると見た目がカッコイイし、より長持ちして切れ味もよくなります。

掲載してる画像でキャリーケースがついてたりミルの刃が金色だったら新型なので、そこを確認して購入しましょう。

旧式のミル刃

新型のミル刃

キャリーケース

静電気が強い(微粉問題)

豆を挽いたあとは、静電気の影響でミル刃に微粉が残ります。

挽き終わったら付属のブラシで落とす必要があるのがデメリットですが、シンクの上でブロアーすると簡単に吹き飛ばせます。

【グラインダーGo】の使用方法

使用方法は、めっちゃ簡単です。

1.フタを取りコーヒー豆を投入

2.フタを閉めてスイッチ「コチッ♪」

コーヒー豆が挽き終わり、空転し始めると約5秒で自動ストップします。

3.本体からガラス製の受け皿を外す

ティピーコペ
本体は逆さ逆さ向きに置いてます♪
ティピーコペ
ミル部分には微粉がビッシリ!これはあとで清掃しましょう♪

4.挽いた粉をドリッパーへ

グラインダーGoの使い方は、以上になります。

なつめ
とても簡単ですね♪

【グラインダーGo】の清掃方法

清掃はブロアーがあると楽なので、おすきなブロアーを見つけて購入することをおすすめします。

微粉を除去します

付属のブラシを使ったり・・・・

ブロアーを使うと一瞬で簡単です。

ガラスの受け皿に残った微粉も、流しへ掃き出します。

受け皿の掃除は、付属のブラシだと使いづらい。

やっぱりブロアーの方が楽です。

そのまま、水で流します♪

気になれば、たまに分解して清掃を

汚れが気になる場合は、ここまで分解してブロアーしたらスッキリです♪
(水洗いは禁止)

【グラインダーGo】の分解と組み立て

自分用の為にも、「分解」「組み立て」の方法を記述します♪

1.留め具を半時計回しに「カチカチッ」とまわしていく

2.「ピョン!」と外れます

ネジが外れたタイミングで、バネで押し出されて留め具が「ピョン!」と外れます。

3.留め具を外したら、クラッチみたいなプレートが出てきました。

クラッチみたいなプレートを外します。

4.臼刃が出てきました

臼刃も外します

5.細かく清掃するはココまで外してしましょう

分解はココまでです。

ティピーコペ
付属のブラシか、ブロアーで微粉を除去して組み立てましょう♪

6.ミル刃をいれる

7.クラッチみたいなプレートを入れる

ティピーコペ
軸の形と、ボッチの2カ所を合わせるようにいれよう♪

8.留め具をはめる

バネで押されるので、力で押さえつけながら回して留めましょう♪

最後まではめたら、好みの挽き目クリック分「反時計回り」にまわしましょう!

なつめ
分解も簡単ですね♪

まとめ

なつめ
「グラインダーGo」はこんな人にオススメですね♪
  • 少し高くても、コーヒーミル選びに失敗したくない人
  • コスパがいいミルを買いたい人
  • 家でも外出先(宿泊、アウトドア)でも使いたい人

グラインダーゴーには、こんな特徴があります
  • 時間と労力を節約できる電動タイプ
  • コンパクトでスタイリッシュ
  • アパートでも気にならない静穏性
  • 家はもちろん旅行やアウトドアでも活躍できる
  • コードレスで、充電中も使えるタイプ
  • 電源が自動で止まってくれる
  • コスパが最強

すごく使い勝手がいいコーヒーミルなので、ぜひ検討してみてください。

コーヒーの味はコーヒーミル以上に「コーヒー豆に依存する」ので、最後におすすめのコーヒー豆「ポストコーヒー」を紹介します。

ポストコーヒーは色んな国の豆を少しずつ飲める、おすすめのコーヒーの定期便です。

最初に無料で「コーヒー診断」をして、自分に合った豆が届きます。

いつでも中止できるし、初回は500円だけで世界中のコーヒーが3種類も届くので、購入したらわくわくしながら到着を待ちましょう。

クーポン「coffee-6vnu1t」で1,598円が500に!

ポストコーヒーについて