【グラインダーゴー|タイムモア】新しいおすすめ電動コーヒーミル発見!

コーヒーが好きになると、必ず必要になるコーヒーミル。

『味の違いはわからないけど、家で優雅にコーヒーを挽きたい』

『でもたくさん種類があって、何を買えばいいかわからない』

特に初めてコーヒーミルを選ぶ時や、買い替える時。決して安くないので失敗したくないですよね。

色んなメーカーからオシャレなミルが沢山でてて、一体何を買えばいいかパニックになります。

でも家にコーヒーミルがあると、新鮮おいしい健康的なコーヒーが頂けます!そこで僕は調査をして、数あるコーヒーミルの中からこれだ!と思えた唯一のコーヒーミルを見つけだしました!

それがグラインダーGoです。

この記事では、一家に一台置いてほしい優秀な電動コーヒーミル「グラインダーゴー」を紹介します。初心者は勿論、上級者でも使える最高の一品です!

ティピーコペ
特に手挽きミルを検討してる人は見てください♪
この記事をかいた人

  • コーヒーミル4つ所持
  • コーヒー歴10年以上です
  • 自分で自家焙煎してます
  • 雑貨屋でコーヒー淹れてます

小型の電動ミル「グラインダーゴー」で、快適でおいしいコーヒー生活を送りませんか?

\Amazonがオススメ/

スポンサーリンク

【TIME MORE】タイムモアとは

TIME MORE JAPAN公式ホームページより

TIME MORE(タイムモア)は、情熱的なコーヒー愛好家が集まって始めた上海のコーヒーメーカーです。

誰もが使い易くをモットーに、コーヒーの楽しさを追及。高いコストパフォーマンスと洗練された質感で、近年のコーヒー業界で大注目されてるメーカーです。

手動ミルより電動ミルを選んだ方がいい理由

クポ
手で「ごりごり」まわして挽きたいなぁ♪
ティピーコペ
凄くわかります!

僕も最初は手挽きに憧れてました。ゆったりとハンドルをまわす自分にしばらく酔いしれましたが、日に何度も回してるうちにただの作業になりました。

クポ
そっか。煩らわしくなるんだね💦


そう。コーヒーを淹れるのが面倒になるんです。

コーヒーが好きなのに嫌になる。本末転倒です。

たまに淹れるなら手動でいいけど、2日に1回以上コーヒーを淹れる人は電動を強くオススメします。

なつめ
たまに特別な一杯を淹れたい人はどうでしょうか?
ティピーコペ
良い質問ですね♪

その場合は価格が安くて、よりコンパクトな手挽きミルが良いでしょう。

その場合はタイムモアのC2という手挽きミルがオススメです♪

7,000円クラスでこのクオリティは破格!

でも基本は電動が良いですよ。

「コーヒーを楽しみたいのに、コーヒーが嫌になる・・・」本末転倒にならない様に。

最初だから手頃な手動ミルではなく、むしろ最初こそ電動ミルが良い!

これが僕の考えです♪

スポンサーリンク

【グラインダーGo】スペック/特徴

スペック・特徴
  • 高さ200㎜×直径85mm
  • 重さ640g
  • 大容量バッテリー搭載
    (800mAhリチウムバッテリー×2)
  • 電源(USB:タイプC)100㎝
  • 充電は2~3時間
  • 使用時間は1回15gだと約30回挽ける
  • 14段階の挽き目調整
  • 最大60gの豆まで可能
    15gだと約30秒で挽ける
  • 自動停止機能(空挽きから約5秒)
付属品

キャリーケース、掃除ブラシ、充電コード

【グラインダーGo】ココがおすすめ!

ボクがこのグラインダーGoを特にオススメする理由がコチラです♪

  • コスパがいい
  • コードレスで充電しながら使用可能
  • 高い静穏性
  • 自動電源OFF機能
  • 高性能E&B臼式刃の採用
  • コンパクトでスタイリッシュ
  • 14段階の挽き目調整
  • アウトドアに最適
  • ゴールドフィルターにピッタリ!

ティピーコペ
では、解説していきます♪

高いコストパフォーマンス

家庭用の本格電動ミルは安くても3~5万もするなか、このグラインダーGoは「本格刃×電動×コンパクト×静か」なのに15,000円で手に入ります!

価格以上に高い精度で簡単に豆が挽けます。

ティピーコペ
この価格にはビックリです!

【コードレス】充電しながら運転が可能

コードレスなのでキャンプにも簡単に持って行けて便利ですが、長年使うとバッテリーの劣化も考えられます。そんな時でもグラインダーGoは充電しながら使えるので「据え置きの電動ミル」として使い続けられます。

他のコードレスのミルは充電中に使えないモノもあります。選ぶ場合はそこら辺もよく調べた方がいいでしょう。

ティピーコペ
僕はこの機能がなかったら購入しないです♪
なつめ
将来「据え置き」を検討するなら、設置場所の近くにコンセントがある方がいいので、確認をしてた方がいいですね♪
ちなみに付属のケーブルは全長100㎝でした。

高い静穏性

他の電動ミルはモーターが大きかったりモーターの回転が早かったりで騒音に気を使います。

例えば同じハンディタイプで人気のオーシャンリッチG2は甲高い爆音で正直うるさいですが、グラインダーGoはとても静かです。

日々使うのでストレスフリーな静穏性が良いでしょう♪

自動電源OFF機能

豆を挽き終えて、モーターが空転しだすと約5秒で自動的に電源が切れます。

他のミルだと挽き終わるまでその場で待つ必要があるけど、「グラインダーGo」ならスイッチを押して違う作業をしてても、挽き終わると勝手に止まってます。

クポ
目を離して良いならストレスかからないね♪

高級チタンコーティングE&B臼式刃(コニカル)

高硬度のステンレスにチタンコーティングを施した420刃を使い、「突き刺して切る!」という粉砕システム。

この臼刃はタイムモアの手挽きミル上位モデルG1プラス(20,900円)と同じモノを使ってます。

切れ味バツグンで均一に豆が挽け、微粉の発生を最小限に抑えます。

通常の臼刃だとコーヒー豆をすり潰しますが、コチラの臼刃は上位機種のようにスパッと切り刻みます。

クポ
金色がカッコいい!
ティピーコペ
金色はチタンコーティングの色です♪コスパ良すぎ!

電動ミルにも色々と種類があります。今回紹介する「グラインダーGo」はコーヒー豆が均等に挽ける「コニカル式(臼刃)」です。

  • カット式(フラットディスク)
    日に何回も挽く人向け
  • コニカル式(臼刃)
    オススメ!
  • プロペラ式(ミキサー)
    安いけど、、、。

プロペラ式はとにかく安いのがメリットですが、挽き目が不均一で微粉が多く、静電気で容器に粉がくっついててドリッパーに注ぐのも大変です。

微粉が出るとカップ内に張り付いた掃除も大変だし、過抽出で苦みと雑味のコーヒーになります。

コンパクトでスタイリッシュ

500mLペットボトルより少し太く、圧迫感はなくどこでも置けるサイズです。

軽くて手に馴染むので、チョット持ち運ぶのですら楽しいです♪

14段階の挽き目調整

時計回りに閉めて動かなくなった所が「0」です。

  • 0 - 5:【モカポット】ビアレッティ等の直火式エスプレッソ
  • 6 - 8:【ハンドドリップ】
  • 9-10:【フレンチプレス】

高気圧のエスプレッソマシンに使う細かい挽き方はできません。

でも低気圧の直火式エスプレッソ用から、フレンチプレス用までの粉を挽くことができます。

ティピーコペ
ボクはドリップだけど12クリックで使ってます♪

アウトドアにも最適

アウトドアとコーヒーは相性が抜群♪

キャンプで「ごりごり」手挽きも良いけど、挽く量や回数が多いとやっぱり大変!

少々大きいので登山には不向ですが、「お泊り」「キャンプ」の時は付属のキャリーケースに入れて持ってくと、簡単にコーヒーが挽けてめちゃ最高です♪

キャリーケース

  • 直径10㎝
  • 高さ22㎝

※Amazon等で買うときは、キャリーケースが付属してるか確認しましょう!(ついてない可能性もあります)

コレス|ゴールドフィルターにピッタリ!

なんというシンデレラフィット!ボクが長年使い倒してるコレスのゴールドフィルターがスッポリとハマるじゃないですか!笑

1.ホルダーの向きを逆にしてゴールドフィルターをセット

2.そのまま受け皿へ入れます

3.この上に本体を置きます

ティピーコペ
意外な安定性♪

4.スイッチ‐オン!

ゴールドフィルターを使うと、ミル部に結構な粉がついてしまうのが難点💦

6.ホルダーをひっくり返してコーヒーカップにセット

7.ドリップ

8.完成

ティピーコペ
うまうまです♪
なつめ
ミル部分に微粉が大量につくので、ここだけは毎回清掃が必須ですね♪

購入の注意点

旧式品に注意!

同じ価格で旧式タイプが販売されてる事があります。

せっかく買うなら旧式より新しい方がいいですよね。

旧式タイプ
  • キャリーケースがついてない
  • チタンコーティングされてない

特にアウトドアへ行く人はキャリーケースが便利でかっこいいのでマストです!

ミル刃も金色にチタンコーティングされてると見た目がカッコイイし、より長持ちして切れ味もよくなります。

購入してしまった旧式グラインダーGo

買い直したグラインダーGo

キャリーケースもついてます

なつめ
15,000円より高かったり、「キャリーケース&チタン」じゃなければ公式での購入がよさそうですね。

\人気商品!すぐ無くなったりしてます/
最安のAmazonがおすすめ!

静電気が強い(微粉問題)

豆を挽いたあと、静電気の影響で刃に微粉がついてます。

挽き終わったら毎回手動ブロアーか付属のブラシでサっと落とす必要があります。

ティピーコペ
ボクはこの強力ブロアーを使ってます♪

流し台で微粉を吹き飛ばし、そのまま水で洗いながしてます。

毎回のお手入れはこれだけなので、すごく簡単!

ミルを使用中に振ったらダメ

挽いてる最中に本体を振ると、モーターに負荷がかかりトラブルの原因になります。挽き残しが気になり振りたくなるけど、振りたい気持ちは抑えましょう。

連続使用には向いてない

モーターが小型なので、連続使用には向いてないかな(個人的にそう思った)。

容量的には1回に60g挽けますが、その60gを何回も連続で挽くコトはオススメしません。

日常的に大量のコーヒーを続けて挽く場合は、据え置きのモノを検討した方がいいと思います。

ボクが使ってる据え置きミル

ミセスコーヒー
¥49,800 (2022/05/27 02:22時点 | 楽天市場調べ)

【グラインダーGo】使用方法

使用方法は、めっちゃ簡単です。

1.フタを取りコーヒー豆を投入

2.フタを閉めてスイッチ「コチッ♪」

コーヒー豆が挽き終わり、空転し始めると約5秒で自動ストップします。

3.本体からガラス製の受け皿を外す

ティピーコペ
逆さ向きに置くといいよ♪

ティピーコペ
本体に微粉がビッシリ!これはあとで清掃しましょう♪

4.挽いた粉をドリッパーへ

以上になります。

なつめ
うわー、とても簡単!

【グラインダーGo】清掃方法

自分は軽くブロアーで微粉を吹き飛ばして終了です。

1.グラインド部にビッシリついた微粉を除去します

付属のブラシをつかったり・・・

ブロアーを使うと簡単です♪

ガラスの受け皿に残った微粉も、流しへ掃き出します。

受け皿の掃除は、付属のブラシは少し使いづらいかな💦

ブロアーの方がらくです♪

そのまま、水で流します♪

2.気になれば、たまに分解して清掃を

汚れが気になる場合は、ここまで分解してブロアーしたらスッキリです♪
(水洗いは禁止)

【グラインダーGo】分解と組み立て

自分用の為にも、「分解」「組み立て」の方法を記述します♪

1.留め具を半時計回しに「カチカチッ」とまわしていく

2.「ピョン!」と外れます

ネジが外れたタイミングで、バネで押し出されて留め具が「ピョン!」と外れます。

3.留め具を外したら、クラッチみたいなプレートが出てきました。

クラッチみたいなプレートを外します。

4.臼刃が出てきました

臼刃も外します

5.細かく清掃するはココまで外してしましょう

分解はココまでです。

ティピーコペ
では、組み立てましょう♪

6.ミル刃をいれる

7.クラッチみたいなプレートを入れる

ティピーコペ
軸の形と、ボッチの2カ所を合わせるようにいれよう♪

8.留め具をはめる

バネで押されるので、力で押さえつけながら回して留めましょう♪

最後まではめたら、好みの挽き目クリック分「反時計回り」にまわしましょう!

なつめ
分解も簡単ですね♪

今回使ったコーヒー道具たちの紹介

Amazon等での購入は以下を確認しましょう

  • 公式(15,000)より異常に高くないか
  • ミルの臼刃は金色(チタンコーティング)か
  • キャリーバックはついてるか

上記が確認できなければ、公式ホームページでの購入をおすすめします。

ティピーコペ
上記が確認できれば、ポイントの貯まる楽天がお買い得です♪

\人気でよく欠品に!欲しいならお早めに/
最安のAmazonがおすすめ!

Pay Off Store
¥859 (2022/05/23 19:41時点 | 楽天市場調べ)

ロッジ楽天市場店
¥4,378 (2022/05/25 10:59時点 | 楽天市場調べ)

まとめ

なつめ
「グラインダーGo」はこんな人にオススメですね♪
  • 豆を挽く生活を送りたい
  • アウトドアでも使いたい
  • 手挽きから電動へ変えたい
  • 気軽に豆を挽きたい
  • 簡単な手入れに憧れてる

グラインダーゴーの特徴
  • 少し高価(15,000円)
  • コスパが良い
  • コードレス(充電中の使用OK)
  • 高い静穏性
  • 高級ミル刃を使用
  • 自動OFF機能搭載
  • コンパクトで圧迫感がない
  • 挽き目は14段調整
  • 持ち運びに便利でアウトドアに最適
  • ゴールドフィルターにピッタリ!

\すぐ欠品になります!欲しい人はお早めに/
最安のAmazonがおすすめ!

最後に

いかがでしたか?

今回は、「初めてのコーヒーミル」「電動ミルを持ってない人」におすすめな【TIME MORE】タイムモアのグラインダーGoを紹介しました。

ミルを選ぶポイントはこんな感じです♪

  • 家に無理なく設置できる大きさか
  • 電源は確保できるか
  • 楽に挽けるか
  • 音は気にならないか?
  • ミルの精度はいいか
  • 掃除は簡単か
  • コードレスタイプなら、充電したまま操作可能か
なつめ
「グラインダーGo」は、全て網羅されてますね!
クポ
痒い所にも手が届いてる~♪

そのぶん15,000円と、少し高いけど長年使うので思い切ってみる価値あります♪

ティピーコペ
↓ポチっと応援してくれたら励みになります♪
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村
Multiplex記事下【家でも山でも本格コーヒー】
スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事