【簡単】水筒でアウトドアコーヒーを手早く淹れる方法5選

アウトドアで飲むコーヒーは、開放感があって優雅な気持ちになります。

そんなコーヒーを簡単に味わいたい!

だけど「お湯を沸かす道具を考えたら、値段の高さや使い方」で、敷居が高いと思いませんか?

実はお湯を沸かさなくても、コーヒーって淹れられるんです。

それが今回紹介する「水筒」です。お湯は事前に家で入れるので、現地で何もしなくていいんです。

この記事では、水筒を使っておいしいコーヒーを淹れる方法を5つ紹介します。自分にピッタリと思う淹れ方があればぜひ取り入れてください。

アウトドア用の水筒を選ぶ理由

そもそもアウトドア用の水筒を選ぶ理由は、保温性の高さです。

アウトドア用の水筒は、家庭用とは違いボトルの口を小さくして保温力を高めてます。

保温性のいい水筒だとテント泊の翌朝でも「寝袋から出ることなく」寝起きでコーヒーが堪能できます。

アウトドア用の水筒4選

水筒を使ったアウトドアコーヒー5選!

1.何も考えず、サッと淹れるならインスタント

1番手軽なコーヒーといえばインスタント。なにも考えず気楽にコーヒーを楽しむには最適なコーヒーです。

アウトドアではトイレの回数も減らしたいのでカフェインレスを飲んでます。

今のカフェインレスはかなり美味しくて、友人にご馳走しても喜ばれます。

おすすめのインスタントコーヒー

2.手軽にスペシャルティコーヒーが飲みたいならコーヒーブリューワー

水筒で簡単に淹れたいけど、「インスタントじゃなくてスペシャルティコーヒーが飲みたい!」そんなときはコーヒーブリューワーで淹れます。

水筒のお湯をパックに入れるだけで完成するので、とても手軽にスペシャルティコーヒーが堪能できます。

種類も豊富なので、気分に合わせてエチオピアやグアテマラなどをチョイスしてます。

コーヒーブリューワーについて

3.本格派はコーヒー豆から淹れるレギュラーコーヒー

「少し手間をかけてでも、好きなコーヒー豆を淹れたい!」そんなときは、コーヒー豆と手挽きミルを持っていきます。

やっぱり豆から淹れるコーヒーは格別においしいんですよね。

僕は現地で豆を挽いてコーヒー楽しんでますが、事前に挽いてある豆でもおいしいですよ。

おすすめのレギュラーコーヒー

登山へ行くときは手動で軽量のポーレックスを持って行き、キャンプ場ならすこし荷物になるけど電動のタイムモア「グラインダーゴー」を持っていきます。

スマートキッチン
¥6,930 (2022/10/03 11:40時点 | 楽天市場調べ)

電動ミル|グラインダーゴー

頑張れば、水筒でドリップだって出来る!

頑張ったら水筒から「直接」お湯をドリップもできます。

とくに今回使ってるコレスのゴールドフィルターは、注ぐ位置が近いしハイスピードで抽出できるので、すごくドリップしやすいです。

コーヒーオイルまで抽出できて、圧倒的なコクが堪能できる名ドリッパーです。

コレス|ゴールドフィルター

大容量を水筒でドリップしたいならディープドリッパー

ディープドリッパーは1ℓのコーヒーが素早く抽出できる、とても優秀なドリッパーです。

深いコーヒー層をサッと通って行くので、濃いけどスッキリとしたおいしいコーヒーが味わえます。

コーヒー粉が多いので、すこし大雑把に水筒から直接注いでもOK。

抽出に時間がかかる場合、最大でも5分で抽出を完了させて、残りはお湯を足しましょう。ペーパーフィルターだから後片付けも楽ですね。

ディープドリッパー

『水筒から直じゃなくて、もっと丁寧にドリップしたい』

そんな時は紙コップなどを使って丁寧にドリップします。

アウトドアで丁寧にドリップ

4.1番お気に入りはエアロプレスGo!

ドリップは重力で抽出しますが、エアロプレスGoはピストンを押すことで少しだけ圧力を加えて抽出します。

実は「エアロプレスGoを使ったコーヒー大会」がある程メジャーな道具で、かなりおいしいコーヒーが淹れられます。

淹れる豆にもよるけど、とろっとした粘性を感じ、果実味を口いっぱい堪能できます。

コーヒー好きならぜひ挑戦して欲しい器具です。

エアロプレスGo

5.一気にたくさん淹れるならジャバプレス

アウトドアだと大人数でコーヒーを飲みたいときに大活躍なのが、ジャバプレスという大容量アウトドア用のコーヒープレスです。

寒い冬の夜でもかなり保温性があるので、たっぷりのコーヒーを少人数でゆっくりと味わう飲み方もできます。

ジャバプレス

連続抽出するときはお尻ふき

紙フィルターだと処分が楽ですが、金属フィルター系は拭き取る必要があります。

そんなときはお尻拭きを使ってます。何個か試したけど、安心と信頼のムーニーが1番丈夫で匂いもなく、使い心地が最高です。

顏や体もふけるし、道具もキレイにできるので必需品です。

COSME DE FUN
¥1,880 (2022/10/03 09:23時点 | 楽天市場調べ)

ゴミの処分、あと片付け

コーヒー豆は捨てた所がカビたり自然に悪影響を及ぼす可能性があります。

コーヒーに限らず、出たゴミは必ず持ち帰りましょう。

ゴミは袋にしばって持って帰ろう~

ジップロックもありです♪

ティピーコペ
ちなみに山頂でカップ焼きそばを食べる時は、コップに湯を切りコンソメとワカメなどを入れてスープにしてます♪

なつめ
流石です!
体には悪そうだけど、たまになら問題なさそうですね♪
何より自然に捨てるより良いです♪

まとめ

この記事では、燃料は使わず水筒でコーヒー淹れる方法を紹介しました。

  • 1番簡単:インスタント
  • 簡単本格:コーヒーブリューワー
  • 超本格派:ドリップも出来る!
  • オススメ:エアロプレスGo
  • 大容量:ジャバプレス、ディープドリッパー

アウトドアで落ち着いて飲むコーヒーは格別です。

アウトドアにも最適なおいしいカフェインレスコーヒーも試してみませんか。

アウトドアコーヒーの始め方