アウトドアでドリップ!山やキャンプでコーヒーを丁寧で簡単に淹れる方法

こんにちわ、ティピーコペです。

山やキャンプでコーヒーが飲みたい!

ゆったりとドリップして飲みたいな~♪

でもドリップなんて重いしかさばるから大変そう。

🌱悩みのたね
  • 山でドリップなんて大変そう。

山やキャンプでゆっくりドリップ・・・ホント憧れます。

でも少しの工夫やアイテム次第で出来るので、ぜひ試してみて下さい。

この記事では簡単にドリップできる方法と、所有欲まで満たしてくれる豪華なアイテムとを紹介します。

準備(コーヒー豆、ドリッパーの準備)

ドリップするならコーヒー豆やドリッパー、ミルなどの準備が必要です。

この準備でかさばったり重くなったら大変なので、吟味して選びましょう。

コーヒー豆

コーヒー豆の質で味がかなり決まります!

1番は良いのはお気に入りのコーヒーショップで新鮮な豆を買っていくコト。

豆を近くのスーパーで買う予定の人は、楽天やAmazonでも手に入るコチラの豆の方がオススメです♪

ティピーコペ
こだわりの豆を買ってる人はそれを直前に買ってもって行こう♪

コーヒーミル

挽きたて新鮮な豆は、膨らみも香りも最高♪

大自然のなかで「ごりごり」ミルを回すこコトにしあわせを感じます。

ティピーコペ
アウトドアで使う人は、ポーレックスの「コーヒーミル2ミニ」がオススメ♪

コンパクトで250gという軽さで、性能も良いので候補にいれましょう♪

スマートキッチン
¥6,930 (2022/10/03 11:40時点 | 楽天市場調べ)

ドリッパー

ドリッパーといっても沢山あるけど、ボクはゴールドフィルター、フラワードリッパー、ディープドリッパーを使ってます。

3つとも抽出速度が速いので、水筒からの直ドリップもやりやすい!

コーヒー豆を入れてる袋を出す~

中にはメジャースプーンを入れてます~

ポーレックスのコーヒーミルミニで挽いていく~

メジャースプーン1杯をミルへ投入~

ハンドルを着けて、回してコーヒーを挽く~

挽き終わる~

コーヒードリッパーへうつす~

たいらにならす~

ドリッパーをコップにのせる~

水筒をあける~

コーヒーケトル(ドリップポット)の代用品

アウトドア用のドリップポットも色々ありますが、どれも総じて注ぎ口が長く持ち運びに不便です。

ティピーコペ
アウトドアだからと割り切って、少し漏れていいから「注ぎ口脱着式」なんかあれば買うんだけどなぁ・・・。

ということで、コンパクトなドリップポットはありません。

ない場合は考える!

それもアウトドアの醍醐味♪

ティピーコペ
色々考えて使ってきたドリップ方法を紹介します♪

4位:水筒から直ドリップ

水筒から直で繊細に淹れるのは難しいです。

でもゴールドフィルターのように高速で抽出できるドリッパーを使うと、水筒や鍋から直でも上手にドリップできます。

高速ドリップするなら少し深煎りの豆がオススメ♪

ティピーコペ
まずはザッと全体的にお湯をかけて、30秒蒸らした後に、大胆にドリップしましょう♪

太いお湯で大胆にドリップする~

少しくらいお湯が垂れても気にしない~

ガッツリ入れた方が安定する~

ゴールドフィルターは慣れると1分程度で淹れられます♪

3位:割り箸ドリップ

満タンに入ってる水筒を使うと難しいので、付属のコップへ注ぎ、そのコップと割り箸を使うと繊細にドリップができます。

まずは難しい水筒から

箸をセットする~

箸と水筒の底を持って保持する~

お湯をひっくり返すと広範囲に大火傷するので注意!

ティピーコペ
垂れたお湯や蒸気で火傷しないように気をつけて!

いざ、ドリップする~

お湯のたれと湯気さえうまくかわせたら出来ます。

が、容器が大きくシビアなので、結構慎重にしないといけず、少しストレスを感じます。

ドリップする~

ティピーコペ
ヘキサーという山用の水筒で淹れてます。わりとうまく淹れれますが、全集中しないといけない💦

水筒の蓋を使う

ドリップする~

ティピーコペ
水筒のコップでやると、水量が少ないので淹れやすいです♪何回か継ぎ足す作業がいりますが、オススメ♪

(ちなみにこのコップはヘキサーの内側のコップです)

ドリップ終了~

乾杯!

2位:紙コップドリップ

ティピーコペ
👆「ぺったんんこ」にして
持っていきます♪

ティピーコペ
👆注ぎやすいように
 形を整えます♪

👇Point!

チェックポイント

注ぎ口側の点線を、しっかりと折って下さい。

取っ手側も軽く折ると注ぎやすいです。

水筒か、沸かしたお湯を入れて準備。

ティピーコペ
お湯を紙コップへ♪
カップの1/3~半分までが淹れやすくて良いよ。
入れ過ぎたら注ぎづらくなります。

ティピーコペ
結構繊細なドリップができます♪

1位:森乃雫ドリップ

マグネットで「ペタッと」挟み込むことで、鍋やコーヒーカップなどに装着できます。

装着する前に本体を水につけると、水が馴染んでドリップしやすくなります。

ティピーコペ
凄くドリップしやすい!
そして軽量コンパクト!
高いけど感動の1品♪

オーダー制で高価だけど、造りが凄い!

森乃雫のホームページ

ティピーコペ
ぼくは、
アンティーク調を購入してます♪

最後に

いかがでしたか?

今回は、アウトドアでも丁寧にドリップができるやり方を紹介しました。

手軽にするなら「紙コップ」が1番です。

安くて持ち運びも楽ですからね♪

他にも水筒で淹れれるコーヒーも紹介してるので、よければ見ていって下さい♪

↓ポチっと応援してくれたら励みになります、どうぞよろしくお願いします♪

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

ティピーコペ
ではまた、
次の記事で会いましょう♪