【アルコールストーブ】最軽量バーナーのオススメと命に関わる注意点

ここ数年のキャンプブームで、

いにしえの道具であるアルコールストーブ

(通称アルスト)が人気になってます♪

そこで、なぜ人気になったか考えました!

  • 「ロマンがあるから」
  • 「軽量コンパクトだから」
  • 「シンプルで壊れないから」

ティピーコペ
おそらく「ロマン」が1番じゃないかな♪
アルコールストーブって、道具を使いこなしてる感と、ゆらめく炎に「ワクワク」しますからね♪

クポ
「理科の実験」を思い出すなぁ♪小学校で初めて火を使った時はドキドキしたよぉ♪
なつめ
使うのが楽しそうですね♪
でも「実際の使い心地」も気になります。危険性とかは無いのでしょうか?

ここ最近では100均でも販売されて、手に入れる敷居が低くなりました。

でも実は命に関わる危険性があるんです!

しっかり知識を得て、納得して。

「自分のスタイルに合いそうだなぁ」と思ったら入手しましょう♪

この記事をかいた人

  • 工業学校を専攻!
  • 危険物の資格もってます(乙1〜4)
  • 学生時代から登山にハマる♪
  • 社会人になってコーヒーにハマってます♪

この記事では、アルコールストーブの特徴から、「何を買えば良いのか」と、知ってて欲しい危険性について解説します♪

スポンサーリンク

アルコールストーブとは?

アルコールストーブとは、爆発の危険性が低くて灯油やガソリンよりも扱いやすい「アルコール燃料」を使用する「軽量でシンプル頑丈」なバーナーです。

1925年にスウェーデンのトランギア社が世に出し、ガス缶が普及する前に活躍してたバーナーです。

寒冷地でも着火しやすく、燃焼音も静かなので、スウェーデン軍で採用してたコトも有名な話し。

メリットとデメリット

アルコールストーブのメリット

軍で使われる程、軽量コンパクトで頑丈!そして極寒の中でも使える安定性。

今の時代では、その無骨さとゆらめく炎で「ゆっくり」を演出する為に使う人が多いようです♪

  • ゆらゆら炎で「ゆっくり」を演出できる
  • 低気温でも使用できる
  • UL(ウルトラライト)で超軽量コンパクト
  • シンプル!
    (燃料タンク=ストーブ本体)
  • シンプルデザイン故に、故障知らず
  • 持ち運びが簡単
  • 燃料の減りは速いが、燃料が安価

アルコールストーブのデメリット

燃料の大半が超有毒であるコトや、バーナーの使い方によっては爆発の危険性もあります。

ガスに比べ火力が非常に弱いのもデメリットですね。

火力を最大限に生かす工夫(風防、調理器具の選定)が必要です。

  • メチルアルコールは危険!
  • 小爆発の危険性
  • 火力が弱い
  • 点火初期は点いてるか分かりづらい
  • 火力調整が難しい
  • とっさに火が消しにくい
  • 燃料がすぐになくなる(燃料タンクが小さい)

安心して使いたいなら高価エタノール!

アルコールストーブの燃料に、消毒にも使える安全なエタノールの使用も可能です♪

でもエタノールは、薄めるとお酒として飲めるので、酒税がかかる関係で高価なんです。

無害なので、安心して使いたい人に超オススメ

ティピーコペ
ちなみに!
「料理酒、みりん風調味料、みりんタイプ調味料」は、お酒として飲めないよう「塩」を入れたりアルコール濃度を抑えて、酒税をかけないようにして安くしてます♪
なつめ
清酒はもちろんだけど、本みりんはお酒としても頂けますからね♪しっかり酒税が入って高いんですよね💦
「みりんハイボール」ウィー!!
ここぞという料理は、高いけど
「三州三河のみりん」に限る♪

メタノールは危険な毒劇物です

メタノールとは、正式名がメチルアルコールという毒劇物です。

メタノールが入ってる燃料は飲めません!

飲んだら死にます!

だから酒税がかからず、安価なんです。

なので大抵の人は安価なメタノール入りのアルコール燃料を使ってます。

ティピーコペ
危険性を理解して使ってたらいいけど、そうでない人が多そうで怖いです。

学生時代、化学の先生から習いました。

『絶対にメタノールは飲むな!』

安価なのですぐ手に入り、お酒みたいに酔えるとのコト。

海外で昔から何度も流行し、その都度大勢の人が失明したり死亡してます。

『メチルアルコール=目散るアルコール』と叩き込まれました。

ほんの一部の紹介ですが、

2011年にはインドで143人死亡、現在の2021年もロシアで34名死亡してます。

ティピーコペ
とても怖いです。平気でクッカーの中に燃料ボトルを入れている人が居ますが、この危険性・・・もっと知って欲しいです。
なつめ
これは命に関わる問題ですね!慎重にしないと💦

メタノールの特性
  • 10mLの摂取で失明
  • 30~100mLの摂取で致死
  • 水に溶けやすい
  • 価格が安い
  • 凍りにくい(-98℃で凍る)
  • 火が点きやすい

取り扱い方法

【保管】
メタノールから発する蒸気も有害です。密閉して風通しのいい場所で保管しましょう。

【使用方法】
手に触れない!
蒸気を吸わないように扱う!

手についた場合、回りまわって口に入る可能性があります。

しっかり水で洗い流し、保湿クリームを塗り乾燥を防ぎましょう(メタノールには脱脂作用がある)。

もし誤って口に入れた場合は、一刻も早く病院へ行きましょう!

突沸(小爆発)の危険性

稀に、着火時に爆発します!

燃料をタンクへ注ぐと、緩やかに揮発し始めます。

アルコールストーブには副室という部分があり、そこに揮発したガスがたまって”ガスと空気がいい濃度で混合”するタイミングがきます。

このタイミングで点火すると、最高の燃焼がおきて突沸(小爆発)することがあります。

特にこのようなバーナーを使う人は注意しましょう。

  • 自作でつくってみたバーナー
  • ダイソー、CanDoなどの100均バーナー

これは燃料の量が少ないことが原因なので、しっかり容量の2/3以上入れて、なおかつ注油後1分待って点火することで解決されます。

ティピーコペ
突沸でバーナーがひっくり返ると炎のついた燃料が飛び散り、火傷したり、下手したら火だるまになる可能性もあるので注意しましょう。

スポンサーリンク

アルコールストーブは使い易い?

ゆらめく炎を眺めるだけなら、かなりいい♪

しかし「お湯を沸かす、何かを調理する」は、やはりガスの方が簡単で楽です!

特に寒い環境だと顕著に感じます。

何よりメタノールの持ち運びに少し神経を使いますしね💦

じゃあ何故使うといったら、やはりロマンです♪

メインはガスバーナーを使い、アルコールストーブはサブとして「さめたコーヒーを軽く温める時」だったり♪

ヒートエクスチェンジャー付きの鍋だと割と早く湯が沸かせるので、ラーメンとかはアルコールストーブでも作れます♪

揃えないといけないモノ

ここまで読んでも「アルコールストーブを使ってみたい!」と思ったマニアさん♪

そんなマニアさんは、一式揃えちゃいましょう!笑

「アルコールバーナー」

アルミ、真鍮、チタンの3つの素材があります。

  • 価格は
    「アルミ→真鍮→チタン」の順で高い
  • 強度は
    「アルミ→真珠→チタン」の順で強い
  • 重量は
    「アルミ→チタン→真鍮」の順で重い
  • 趣き(ロマン)は
    「アルミ→チタン→真鍮」の順で感じる

さて、あなたは、どの素材を選びますか?

ボクは真鍮を選びます

ティピーコペ
「真鍮」をえらぶ理由がコチラ♪

チタンやアルミは軽すぎる!

ふとした拍子にひっくり返す危険性を感じます。

真鍮は適度に重く「安定性、趣き、安さ」全て揃ってます。

なつめ
たしかに軽すぎると「安定感」は無さそうですね。

そして真鍮は雰囲気がよく、使いこむと味が増してロマンを感じます。

クポ
値段も結構安いね♪私もアルミは少し嫌かなぁ♪

おすすめは【Trangia(トランギア)】

アルコールバーナーといえば「トランギア」

しっかりした造りで、良い意味で普通のバーナーでしょう。

真鍮造りの丁度いい重さで、安定感のある使用感。

「エバニュー」は軽くて高火力なので、野球でいう変化球でしょう。

まず基本のストレートを覚えたい人は、トランギアがおすすめです。

「五徳」

五徳とは、クッカーやシェラカップなどの調理器具を置くための道具です。

「五徳付きのアルコールストーブ」や「別々」のモノがあります。

本体をひっくり返すと、炎のついた燃料が広がり危険です。

本体、風防、五徳のトータルで、安定性の高そうなモノを選びましょう。

「風防」風対策は必須

アルコールストーブは火力が弱いので風に弱く、ちょっとした風でも火力が弱まり、バーナーとしての機能を果たさなくなります。

炎を風から守り、火力を逃がさないために風防が必須です。

「燃料ボトル」フューエルボトルは大事

【SOTO|ソト】SOD-700シリーズ

  • 【04】400mL(\2,750)
  • 【07】700mL(\3,200)
  • 【10】1000mL(\3,400)
「SOTO」の特徴
  • アルミ製
  • 広口
  • チャイルドロックなし
  • 漏れない

「漏れ」に強く、煩わしいチャイルドロック機能がない!そしてデザインがシンプルでカッコいい!

ティピーコペ
ただ、子供や友人が飲み物と間違えそうなのが怖い💦あと、チャイルドロックがついてないので、バックパックのなかで不意に開きそうで怖いです。(ノミの心臓です。)

【trangia|トランギア】TR-5060、5061

  • 「03」300mL(\3,190)
  • 「05」500mL(\3,300)
  • 「10」1,000mL(\3,520)
「トランギア」の特徴
  • ポリエチレン製だけど頑丈!
  • ガソリン厳禁
  • 漏斗いらずでランタンに注げる
  • セーフティーバルブ搭載
  • いちいちキャップを外さなくていい
  • 手につく程度の漏れがある

「セーフティーバルブ」を回して解除すると、ボタンを押せるようになります。

ボタンを押しながら傾けると、ノズルから燃料がでます。

ティピーコペ
なんと画期的!!でも、燃料漏れはイヤですね。

セーフティーバルブ周辺の燃料漏れ

構造上仕方ないのでしょうが、わずかに燃料が漏れるそうです。

ほとんどのアルコールストーブ燃料には、「メチルアルコール」が大量に入ってるので、ボクはこの漏れが嫌なので辞めちゃいました。

メチルアルコールを使用してなかったら、このボトルも購入してたコトでしょう。

カッコいいし、頑丈で使い易いですからね♪

【VARGO|バーゴ】T-311

  • 240mLの1サイズ展開(\550)
「バーゴ」の特徴
  • ポリエチレン製
  • 漏斗いらずでランタンに注げる
  • 240mL
  • 1動作のノズル
  • 漏れあり

キャップについてる2㎝程のノズルを起こすとロックが解除されて注油できます。

漏れる可能性が高そうなので、「メタノール」を大量に入れてるアルコールストーブ燃料には使いたくありませんが、エタノールを使うならもってこいですね。

【OPTIMAS|オプティマス】燃料ボトル

  • 【S】300mL(\2,970)
  • 【M】530mL(\3,300)
  • 【L】890mL(\3,630)
  • 【XL】1,300mL(4,180)
「オプティマス」の特徴
  • アルミ製(内部コーティング)
  • ガソリンOK
  • (ガソリンスタンドで給油できない)
  • チャイルドロック【有】
  • 携行中ふいにキャップが緩まない

黒と黄緑のカッコいいカラーリング。

飲み物と思わない色合いも最高です。

ティピーコペ
クセの有る道具を使いこなせる感を味わうのも捨てがたかったのですが、パスしました♪

【MSR|エムエスアール】燃料ボトル

  • 【11oz】325mL
  • 【11oz】590mL
  • 【11oz】887mL
「MSR」の特徴
  • アルミ製
  • ガソリンOK
    (ガソリンスタンドで給油できない)
  • チャイルドロック【有】
  • 携行中ふいにキャップが緩まない

実際ボクが使ってるモノ

そんなボクはこの一式を使ってます。

ティピーコペ
コンパクトに収納できる「五徳&風防」が最高です!

アルコールバーナー×風防×五徳

  • 安定感ある重みの「真鍮製」
  • コンパクトになる五徳がセット
  • 風防も兼ねられる
  • 安い
  • エバニューのゴトクが入る

五徳(シェラカップ用)

軽量コンパクトで、シェラカップを温める様に必要♪

アルコール燃料

大量買いで1ℓコストを大幅に下げてます。

アルコールバーナーは燃料の消費が激しいし、災害時の備蓄を兼ねて大量買いしてます。

「メチルアルコール(メタノール)」をふんだんに使ってるので、使用には注意が必要です!

ヒロバ・ゼロ 楽天市場店
¥5,060 (2022/05/22 21:50時点 | 楽天市場調べ)

特に不慣れな人やファミリーで使いたい人は、安心して使いたい人は、メタノールの入ってないエタノールを購入することをオススメします。

燃料ボトル(フューエルボトル)

ふいに外れないチャイルドロック機能があり、漏れず、内部をコーティングしてる。

これらの条件が唯一揃ってるボトル♪

ライター

アルコールストーブをセットして、燃料に火を点けるためにライターが必要です。

ライターもお気に入りを探して、アルコールストーブと一緒にロマンを感じましょう♪

調理器具

シェラカップに水を入れてを温めたりもできますが、ボクはファイヤーメープルのMFC-217を使ってます。

ヒートエクスチェンジャーがついてるので、アルコールストーブの小さな火力でも最大限に生かして水を沸騰できるので、おすすめです♪

オリエンタルアウトドア
¥3,300 (2022/05/25 19:07時点 | 楽天市場調べ)

アルコールストーブの使い方

1.【事前準備】フューエルボトルに燃料を入れる

風通しがよくて、こぼれても良いところで補充しよう
補充の上限はこの線より下までにしよう
付属の燃料ノズルが優秀なんです!
本体へしっかり装着!
ノズルを伸ばして曲げる!
ノズルをボトルにいれて、注ぐ
ティピーコペ
くぅー!
注ぎやすい!!
キャップを閉める
ティピーコペ
手についたら、作業後にでも水で洗い流しましょう!

2.燃料を注ぐ

モノによっては2/3以上と明記してるのもあるので、説明書で確認しよう。

組み立てたあとに給油してます。少しこぼれた💦

ティピーコペ
もし手に燃料がついたら、お尻ふきで拭きましょう!

3.本体をセットして、たいらな場所に置く

ファイヤーメープルの中に燃料以外を入れてます♪
中身です♪
アルコールバーナー本体
ティピーコペ
しびれる♪
火力調整フタを外すとネジ式のふたが
ティピーコペ
パッキンがついてるので、燃料を入れたままでも持ち運べそうですが、ボクは入れたまま携行はしません♪
本体付属のゴトク件風防+チタンゴトクを入れてます
エバニューのチタンゴトクの熱変色がカッコいい♪
ゴトク件風防はこんな感じ
本体をセットします
ちなみにチタンゴトクをセットしたらこんな感じ

4.着火

モノによっては燃料投入から1分以上は放置と書いてるのもあるので、説明書を確認しましょう。

着火したら、1分ほど炎は安定しないし目に見えにくいので火傷に気を付けましょう。

ティピーコペ
今回は庭の枯芝でやったので、もし倒したら芝があっという間に燃え広がります。だから水バケツを準備してました♪
IMCO(イムコ)ライターで着火!
芯を抜いてろうそくモードにします♪

5.鍋をセット

火力が弱いので、ヒートエクスチェンジャー付きをオススメします。

一酸化炭素が多くでるので、必ず屋外でつかいましょう。

ナルゲンボトルに入れてる水を注ぎます
鍋をセットして~
フタがわりに小さい鍋をかぶせる~♪
春先の寒い日で、約8分かかりました

6.完成

コーヒーに使うもよし!ラーメンに使うもよし!

今回はインスタント♪
熱湯を注ぐ~♪

温め直しも可能!
ティピーコペ
シェラカップを直火にかけると取手がかなり熱くなるので、工夫して持ちましょう💦
この鍋は「ギリ」ラーメンもいけます♪

まとめ

危険はあるけど趣きのあるアルコールストーブを紹介しました。

  • 安い燃料は少量の誤飲で死んでしまうメタノールが入ってるので危険!
  • 安心して使いたい人は除菌できるエタノールを使おう
  • でもアルコールストーブはロマンの塊です
  • ゆっくりを感じたい人はぜひ試してみてね♪

なつめ
ワタシは怖がりなので、安心を求めてエタノールを使ってみます!使ってみるのが楽しみです♪
クポ
私はメタノールを慎重に使ってみるよ!ロマンすごそう!わくわくだねぇ♪

ティピーコペ
エタノールの場合は、漏れても良いのでトランギアの燃料ボトルか、買ったボトルのまま持っていっても良さそうですね♪一緒にロマンを感じましょう!

今回紹介した道具たち

アルコールバーナー本体×風防×ゴトク

シェラカップ用ゴトク

安全だけど高いエタノール燃料

危険だけど安いメタノール燃料

ヒロバ・ゼロ 楽天市場店
¥5,060 (2022/05/22 21:50時点 | 楽天市場調べ)

安全なフューエルボトル(燃料缶)

燃料が手についた時用のお尻ふき

COSME DE FUN
¥1,880 (2022/05/28 08:11時点 | 楽天市場調べ)

IMCO(イムコ)ライター

アルコールバーナーにピッタリの鍋

オリエンタルアウトドア
¥3,300 (2022/05/25 19:07時点 | 楽天市場調べ)

シェラカップ

最後に

アルコールストーブでつくったお湯で、最高のコーヒーを淹れてみましょう♪

ティピーコペ
これからも、アウトドアやコーヒーに関する沢山の情報を届けていきます♪

Multiplex記事下【家でも山でも本格コーヒー】
スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事