ファイヤーメープルのクッカーは評判どおりのコスパポット

アウトドアでサっとお湯を沸かしたいけど、「定番のジェットボイル」は高くて手がでません。

ジェットボイル意外にいいのはないものか。

有名ブランドで実績のあるクッカーはどれも高くて手がだしにくいです。

そこでこの記事では、コスパ最強で、異次元のスピードでお湯を沸かせるクッカー「ファイヤーメープルFMC217」を紹介します。

費用をかけずに最強クラスの「湯沸かしクッカー」が欲しい!と悩んでる人はぜひ参考にしてください。

お湯を沸かしたあとは、ぜひアウトドアコーヒーも堪能してください。

アウトドアコーヒーの始め方

ファイヤーメープルFMC-217の紹介

友人と一緒に「デイキャン」したときにビックリしました。

友人のジェットボイルミニモよりファイヤーメープルの方がお湯がはやく沸いたんです。

ファイヤーメープルFMC217はやっぱりコスパ抜群だと確信しました。

「FMC217」はファイヤーメープル最初期のヒートエクスチェンジャー搭載クッカーで、使い勝手の良さに定評があるロングセラーモデルです。

オリエンタルアウトドア
¥3,300 (2022/10/01 10:28時点 | 楽天市場調べ)

スペック

モデルFMC-217
鍋の素材ハードアノダイズ・アルミ
取っ手の素材ステンレス、シリコン
重量268g
サイズ(合体)直径129㎜、高さ155㎜
サイズ(大鍋)直径129㎜、高さ120㎜
サイズ(小鍋)直径129㎜、高さ60㎜
容量大鍋0.9ℓ小鍋0.5ℓ

本体の見た目

ただの無骨なアルミじゃなく「質感の高いグレー」にオレンジ色の取っ手がいいアクセントで見た目もGood。

ポーチとスタッキング

ロマンあふれるフリント式ライターも一緒に収納できます。

250サイズのOD缶と、SOTOウインドマスターSOD310がらくらく収納。専用のメッシュポーチに入れるとバラける心配もありません。

ファイヤーメープルFMC217のメリット

コスパ最強!安っぽくなく、性能がとても良い

見た目がシンプルにカッコイイし、性能も抜群です。何より「異次元の沸騰力」で、寒い所でも素早くお湯が作れるのがありがたい。

最速でお湯が沸くヒートエクスチェンジャー搭載クッカー

どんなときでも「お湯が沸く時間」は短いほうがいいですよね。

このクッカーはヒートエクスチェンジャーという、炎の熱を逃がさず留めて増幅させる機能を備えてるので、あっという間にお湯が沸きます。

低燃費(燃料が節約できる)

お湯がすぐ沸くので、燃料をだらだら使わず済みます。

結果的に燃料の節約につながるので助かってます。

ハードアノダイズド加工で、割と焦げにくい

上の写真は「ゴリゴリ」に鶏肉とネギ塩チューブを炒めたあとに洗った写真です。普通のアルミだと無残なほど焦げ付くけど、このクッカーは意外と頑張ってくれてます。

しっかり油を熱したら、ある程度の炒め物も可能です。
(でも流石に炊飯と煮込み系は厳しいかな)

アルストでもお湯が沸かせる

液体燃料を「とぽとぽ」注ぎ、レトロな雰囲気を堪能できるアルコールストーブ。

通称アルストは火力が弱くお湯を沸かすのが苦手ですが、ファイヤーメープルのクッカーだとなんとか沸かしてくれます。

最速では沸かせませんが、ロマンを感じながらお湯を沸かせる選択肢があるのはうれしい。

アルコールストーブについて

ファイヤーメープルFMC-217のデメリット

バーナーとの相性がある

「鍋底のヒートエクスチェンジャー」の外に炎がでる「広口バーナー」だと、能力が極端に弱まります。炎をヒートエクスチェンジャーの中に集中できるバーナーを選ぶ必要があります。

ざっくり計ると57㎜でした。

だいたいここら辺のバーナーがターゲットです。

メーカー型式・型番重量
SOTO
(amazon)
SOD310
ウインドマスター
87g
スノーピーク
(amazon)
ギガパワーストーブ地90g

蓋の閉まりがゆるく甘い

メイン(0.9ℓ)の大きい鍋の受け口が斜めになってます。斜めだから蓋がカチッと閉まりません。

気持ちのいい閉め心地ではありませんが、ほんの少しスキマがあく程度なので許容範囲。個性とおもって気楽に長く使ってます。

一酸化炭素中毒(テント内は禁止)

これはマジですが、テント内で使ったら命を落とします。

換気の悪い場所での使用は禁止です。

熱効率を上げるため「鍋底にヒートエクスチェンジャー」という蛇腹構造を採用。異次元の熱効率を生みますが、大量の一酸化炭素が発生します。

どのバーナーも基本は換気の悪い屋内は禁止ですが、「ヒートエクスチェンジャーがついてる道具」は特に禁止です。

『あ、ヤバイ』と思う前に体が動かなくなり、そのまま旅立ちます。

メモリがついてない

特にコーヒーを淹れるときにはメモリがあった方がありがたいのが本音。

鍋の内側にメモリがあったらかなり高ポイントだったけど、この鍋にはメモリが入ってないですね。

量りたいときは、「メモリ付きのシェラカップ」などを用意する必要があります。

最初は匂いがする(対策あり)

開封していきなり火にかけると「製造時の離型剤、固定剤」が焼けて臭い匂いがします。

購入時したら、洗剤でよく洗い、余力があれば大きな鍋に「米のとぎ汁」と「本体」を入れてしばらく沸騰させましょう。

僕は5分おきに本体をくるっと回転させて20分程煮込みました。

終わったら食器用洗剤で洗い流します。

まぇ本番は外で淹れるので実際そこまで気にはなりませんが。

まとめ

この記事では、お湯を爆速で沸かせるクッカーが欲しいけど「ジェットボイル」なんかは手が届かないと悩んでる人に、コスパ最強でジェットボイルと同等以上の沸騰力があるファイヤーメープル「FMC217」を紹介しました。

メリット
  • コスパ最強で安っぽくない
  • 爆速でお湯が沸かせるヒートエクスチェンジャー搭載モデル
  • 燃料を節約できる
  • アルミだけど意外と焦げつきにくい
  • アルストでもお湯を沸かせる

デメリット
  • 細火のバーナーを選ぶ必要がある
  • 蓋の閉まりが甘い
  • 屋内厳禁(一酸化炭素中毒)
  • メモリが付いてない
  • 最初は匂いがする

安いし性能がいいので、「何でもブランドにこだわる人」でなければ、おすすめできるクッカーです。

オリエンタルアウトドア
¥3,300 (2022/10/01 10:28時点 | 楽天市場調べ)

お湯が沸かせるようになったら、ぜひアウトドアコーヒーも始めてみましょう。

おいしいコーヒーの淹れ方を紹介してるので、興味があれば覗いてください。

アウトドアコーヒーの始め方