ジェットボイルミニモは“料理がおいしい”即沸騰クッカー

アウトドアのコーヒーや食事は、「後々の思い出」となる大切な宝物です。

なにを食べ、どんなコーヒーを飲んだのか、そこから思い出話しに花が咲きます。

この記事では、いろんな料理もできて軽量コンパクトな高性能クッカー「ジェットボイルミニモ」を紹介します。

「人気のあるメーカーでいろんなレシピも見れるクッカーが欲しい!」と悩んでる人におすすめのクッカーです。

\早速チェック/

爆速でお湯が沸くので、ゆっくりと「アウトドアコーヒー」も楽しみませんか?

アウトドアコーヒーの始め方

ジェットボイルとは

JETBOIL公式HPより引用

ジェットボイルは軽量コンパクトなバーナー&クッカーの先駆者で、無骨なストーブや重い魔法瓶にうんざりして、アウトドアで手軽に食事を楽しめる調理道具を開発したアメリカのメーカーです。

「ジェットボイルミニモ」を選ぶ理由、おすすめの特徴8選

1.蒸し料ができる

アウトドアで手軽に「ほくほく」の蒸し料理は控えめに言って最高です。

1.水を注ぐ

2.フタを逆さに置く

3.チルドの肉まんを置く

(冷凍は、かなり時間かかる)

4.しっかりカップをはめて、点火して蒸す

5.お好みで5分ほど蒸す

2.余熱調理ができる

カバーをセットすると、熱が逃げず「保温効果が増して」余熱調理ができます。

ラーメンを作るときも沸騰したら火を止めて余熱調理するので燃料の節約になります。

カバーをする時は、金属部分に当てないように気をつけましょうね。

3.おしゃれなカバーは「保温と火傷防止」

アルミクッカーを包んでるオシャレなカバーは、熱を逃がさないクロロプレンゴム製です。

保温しながら、クッカーさ触れるようになるので使い勝手がとてもいいです。

4.折り畳みハンドルの使い心地がバツグン

軽量ステンレスでできた「折り畳みハンドル」を舐めてました。普通のクッカーとは違ってコップみたいに持てるので、手首の負担がすくなくて、かなり扱いやすいです。とても気に入りました。

5.転倒しづらい(バーナーと鍋が合体して安定)

バーナーと鍋が別々だと転倒の危険がありますが、ジェットボイルミニモは鍋とバーナーを固定するので、極めて倒れにくいです。

少し不安定な場所でも安心して使えます。

6.専用のレシピ本で「料理の引き出」アップ

ジェットボイルミニモはいろんな料理に挑戦したい!という人の為に存在するクッカーです。

料理の引き出しを増やすレシピ本も数冊でてるので、興味があれば購入してみてください。

7.寒い環境でも使えるレギュレーターがついてる

ジェットボイルレミニモはギュレーターを搭載していて寒さに強いモデルです。

登山や気温の低いキャンプで使うなら、現場で火が点かないと大変なので寒さに強いモデルは必須です。

8.燃料を節約できる

なべ底にヒートエクスチェンジャーと呼ばれる熱交換器が付いてます。

このおかげで2~3倍の熱効率が生まれ、少量のガスでも最速でお湯がつくれます。

ガスの消費量は、一般バーナーの約1/2

なつめ
無駄なガスを使わないのは嬉しいですね♪

「ジェットボイルミニモ」のスペック紹介

サーモレギュレーターあり(寒くても火が点く)
着火装置あり(予備ライターは必須)
容量1.0ℓ
収納サイズ12.7×15.2㎝
出力1,404kcal/h

でも良くない点もあります。

空焚き厳禁

蒸し料理中、火力が強すぎていつの間にかお湯が減って空焚きし、損傷しました。

ティピーコペ
すぐ気づいたから良かったですが、チョット危なかったです。

なんせ爆速でお湯が沸きます。

特に「蒸し料理」をしてたらお湯の残量がわからないので、小まめに確認するか、水をたっぷりつかいましょう。

空焚きしてしまったら故障の原因になります。

風には強くない

ジェットボイルは風に強いとよく言われますが、実際はそこまで強くないです。

弱くはないですが、突風などで、いつの間にか消えてることもあります。

ガスだけが「シューッ」っとでてたら怖いので、調理中は目を離さない必要があります。

注ぎ口の「湯切れ」は繊細ではない

カップ麺にお湯を注いだり、パスタの湯切りには最高ですが、コーヒードリップをするのは難しいです。

湯量が少なくて、沢山そそぐと少しは安定するけど、ドリップは厳しいですね。

森乃雫というアウトドアコーヒー道具で淹れるとバッチリです。

オールインワンだけど、ゴトクだけスタッキング(収納)できない

紙一重でゴトクだけ入らない。

炒めモノをする場合は違うところに入れてもってく必要がありますね。

イグナイター(点火装置)は、いつか壊れる

どのバーナーにも言えるコトだけど、点火装置はいつか壊れます。

点火装置が怖ると使用できないので、予備のライターは持っておきましょう。

「ジェットボイルミニモ」のスタッキング(収納)

水分が残ってるとバーナーが錆びるので、しっかり拭くかビニールに包みましょう。

1.バーナーのつまみを折りたたむ

2.バーナーとOD缶(アウトドアのミニガスボンベ)合わせる

3.付属の袋へ入れる

4.クッカーへ入れる

クッカー内を傷から守る為に、袋に入れた方が良いでしょう。水分が気になるなら、ビニールに入れて、この袋へ入れましょう♪

ティピーコペ
袋はこのくらい開けましょう。しっかり閉めると、フタが閉まらなくなります。

5.ボトムカバー(計量カップ)をセット

5.フタにスタビライザーをセット

6.フタをセットで完成

「ジェットボイルミニモ」の使い方

1.パーツを取り出す

.OD缶にバーナーを回して取り付ける

ティピーコペ
取り付ける前に、つまみが閉まってるのを確認してね♪

.OD缶にスタビライザーを取り付ける

クポ
取り外しは、結構固いんだねぇ💦

3.ボトムカバー(計量カップ)を外す

4.水を適量注いでフタを閉める

今回のチキンラーメンは400mLなので、200mL目盛×2杯注いでフタをします♪

.鍋を置く前に着火する

点火前にカップの底にガスが充満するコトを防ぎます。

なつめ
周りが明るいと、火が見えないですね💦

.ボッチを確認して、鍋をバーナーに取り付ける

ガス切れだったので、大容量ガスに変えました💦

ティピーコペ
入れる向きはボッチで確認♪

7.沸騰したら、バーナー外しボトムカバー(軽量カップ)をはめる

これで余熱力があがります♪

8.ラーメン&卵ドン!

9.フタを閉めて3分で完成

くぅー!うんまい!!

黄身と麺のコラボ・・・しあわせ♪

キャンプの時くらい、スープものみます♪最後に麺が残ってたらしあわせを感じてしまう♪笑

10.清掃は、お尻ふき

油分もスッキリ♪

ビニール袋へ入れて持ってかえります♪

COSME DE FUN
¥1,880 (2022/10/03 09:23時点 | 楽天市場調べ)
ティピーコペ
あとはまたスタッキング(収納)するだけです♪

「ジェットボイルミニモ」の口コミレビューを紹介

クポ
チョット待って、犬!可愛いすぎちゃう!?

ティピーコペ
ナカーマ発見!!

なつめ
-8℃で火が点くって凄い!

ティピーコペ
このデザイン良いな♪ほんと、トロ火が出来るのも魅力です♪

クポ
煮込みが出来る「選択肢」で幅が広がってステキー♪

ジェットボイルシリーズの比較

商品容量と性能参考
スタッシュ
(寒冷地用✖)
0.8ℓ
0.5ℓを150秒で沸騰
最小で最軽量
フラッシュ
(寒冷地✖)
1ℓ
0.5ℓを100秒で沸騰
最速沸騰
ジップ
(寒冷地✖)
0.8ℓ
0.5ℓを150秒で沸騰
最安
点火装置なし
マイクロモ
(寒冷地◎)
0.8ℓ
0.5ℓを140秒で沸騰
小型カップ
ミニモ
(寒冷地◎)
1ℓ
0.5ℓを140秒で沸騰
料理もしやすい
広口で朝方
スモー
(寒冷地◎)
1.8ℓ
1ℓを285秒で沸騰
大容量
グループ向け

まとめ

この記事では「おいしい料理もできる、爆速沸騰の最強クッカー」ジェットボイルミニモを紹介しました。

ジェットボイルミニモを選ぶ理由
  • 蒸し料理ができる
  • 余熱調理ができる
  • おしゃれなカバーは保温して火傷を防止できる
  • 折り畳みハンドりの使い心地がバツグン
  • バーナーと鍋を固定できて転倒しづらい
  • レシピ本もでてて、料理の引き出しが多い
  • 寒い環境でも使えるサーモレギュレーターがついてる
  • 熱効率がよくて、燃料を節約できる
  • 程よい容量の1ℓ
  • とろ火OKでストレスフリー調理
  • 浅く広いので、作りやすい、食べやすい、片しやすい

登山とキャンプ用品のさかいや
¥22,000 (2022/09/29 07:21時点 | 楽天市場調べ)

ジェットボイルミニモでお湯が沸いたら、おいしい「アウトドアコーヒー」を淹れてみませんか?

アウトドアコーヒーの始め方