【キャプテンスタッグM7900】最強神コスパの小型ガスバーナー

こんにちわ、ティピーコペです。

アウトドアでコーヒーを飲むと日常から解放されて癒されますが、その為にはまずお湯が必要で、山用の水筒バーナーなど揃える必要があります。

でもこれらの道具は星の数ほどあって、いったい何を買えばいいかわからないですよね。

過去の僕も同じでした。

そんな時に友達から、”初心者にはコレがオススメ!”とプレゼントされたのがキャプテンスタッグM7900でした。

そこで本記事では「コスパ最強で、初心者にもおすすめの大人気バーナー」キャプテンスタッグのM-7900を紹介します。

この記事をかいた人

  • 高校時代に登山にハマってます♪
  • 山頂で飲むコーヒーLove♪

大きな鍋でも安定して扱いやすいのに、そこまで重くないバーナーなので、料理をする人にもおすすめです♪

あなたもタフで使い易いM7900を初めてのパートナーにしませんか?

\早速チェック/

Field Boss 楽天市場店
¥4,780 (2022/05/25 22:00時点 | 楽天市場調べ)

スポンサーリンク

キャプテンスタッグとは

キャプテンスタッグは、大勢のキャンパーさんから”鹿番長”という愛称で呼ばれる新潟のアウトドアメーカーです。

使いやすさ、安さを第一に考えて、より快適でより楽しいアウトドアをサポートすべく総合的な商品展開をしてます。

ティピーコペ
とにかくコスパが凄いメーカーなので、とても助かります♪

CAPTAIN STAG(キャプテンスタッグ)の由来

大地を生活するたくましい牡鹿(スタッグ)の群れのリーダーのように『大自然の中で頼られる存在になりたい』

こんな思いが込められてます。

【オーリック小型ガスバーナーM-7900】の特徴

  • コストパフォーマンスが良い
  • ゴトクが大きく、安定してる
  • 広い火口で料理しやすい
  • 丈夫で長持ち
  • ハードケース付き

コストパフォーマンスに優れてる

安心の日本製で、これだけしっかりした造りなのに5,000円以下で購入できます。

ホームセンターだと、もっと安い可能性も。

他のメーカーでは平気で6,000円を超えてくるなか、こんな丈夫なバーナーが5,000円以下で買えるのは助かります!

ちなみにこのバーナー。流通価格は安いけど定価は8,580!

なぜ流通価格が安いか不明だけど定価8,000円超えのクオリティなので、しっかりしてるわけですね。

ゴトクが大きいので、安定性バツグン

直径110㎜の4本ゴトクですが、折りたたみを伸ばすと175㎜になります!

これだけ大きなゴトクなので、鍋やフライパン、ラージメスティン。重たいスキレットを置いてもかなり安定してます♪

火口が広いので、料理がしやすい

軽量コンパクトなバーナーだと火力が中央1点に集中!そして熱むらができたり集中的に焦げたりで、調理が難しいです。

M-7900は火口が広いので鍋底全体に火が届き、複数人の調理にも向いてます。

丈夫で長持ち

安くて購入しやすい理由でM-7900を買う人は沢山います。

そして丈夫なので結局そのまま10年近く使ってる人もチラホラ見かけます。

どのメーカーのバーナーも共通して点火装置はすぐに壊れますが、本体自体は丈夫で長く使用できます。

点火装置はいつ壊れるかわからないので、ライターは必ず準備しておきましょう

【ライター紹介】登山キャンプ必須!SOTOの電子式かIMCOフリント

持ち運び、収納に便利なハードケース付き

持ち運びが便利になる専用ハードケースがついてます。

ケースに入れることで他のギアも傷つけないし、バーナー自体も守られます。

スポンサーリンク

【オーリック小型ガスバーナーM-7900】の注意点

ケース収納が難しい(解決策あり)

1度ケースから取り出すと、次どうやって収納時したらいいか「???」になります。

ティピーコペ
パズルみたいで、頑張っても入らい💦

解決策として、マジックでケースに収納方法を簡単に手書きしました。

この絵のおかげで簡単に収納できるので、おすすめです♪

なつめ
カッコ悪いけど、仕方ないですね。笑
クポ
これも味だね!笑

風と寒さに強くない

バーナーがむきだしなので、風に弱いです。

”いつの間にか消えてる”ことがあります。

火が消えてガスだけで続けると危ないので、小まめに確認しましょう。

より快適に使うには、風防がある方が良いです。

気温が低いと火が点きにくいバーナーなので、寒い環境で使う場合は専用のバーナーを選ぶ必要もでてきます。

【SOTOウインドマスターSOD-310】登山&キャンプの神バーナー

携帯性に少しだけ欠ける

そこそこ小さくて持ち運びしやすいけど、軽量コンパクトを追及する人には向いてません。

ティピーコペ
そこまで大きくないからボクは持っていきますが♪

とにかく軽くて使い易いタイプではないので、軽量コンパクトがいい人はそれに特化したモノを選びましょう。

【SOTOウインドマスターSOD-310】登山&キャンプの神バーナー

火が点かない事がある

「火が点かない!」といった質問をたびたび見かけます。

だいたいこの3点を確認すると良いでしょう。

  • ガスボンベにしっかりギュッと接続する
  • ガスを出し過ぎてないか確認
  • 点火装置(火だね)の故障→ライターを使う

ボンベの接続はしっかり「ぎゅっ」と装着し、ガスは少し音がする程度ひねりましょう。

点火装置には期待をせず、ライターの準備も大切です。

点火装置(イグナイター)の故障

バーナー全般的な話しですが、点火装置が破損・故障しやすいです。

いつ故障するか分からないので、ライターは常に準備しておきましょう。

【ライター紹介】登山キャンプ必須!SOTOの電子式かIMCOフリント

いつか、Oリングの交換が必要

長年使ってくと経年劣化していくOリングも交換が必要になります。

と言っても簡単にできるので安心しましょう。

交換用部品は「M-8801」です。

Aマートeショップ
¥1,020 (2022/03/04 16:31時点 | 楽天市場調べ)

【オーリック小型ガスバーナーM-7900】の口コミ

Field Boss 楽天市場店
¥4,780 (2022/05/25 22:00時点 | 楽天市場調べ)

【オーリック小型ガスバーナーM-7900】のスペック

M-7900のスペック
  • サイズ(展開):幅125×奥行125×高さ85mm
  • ゴトク収納時:110㎜
  • ゴトク延長時:175㎜
  • ケース収納:幅117×奥行105×高さ65mm
  • 重量(本体):300g
  • 重量(ケース):
  • 出力2,700kcal/h
  • ガス消費量:225g/h

大きすぎず小さすぎず、とても取り扱いやすいバーナー。

ティピーコペ
長年使えるって、ロマンを感じます♪

【オーリック小型ガスバーナーM-7900】M-7901との違い

よく比較されるものとして”M7901”がありますが、こちらはファミリーキャンプ向け

登山やツーリングなど荷物の制限がある時には向いてないです。

【オーリック小型ガスバーナーM-7900】の使い方

1.バーナーと調節ネジをねじ込む

2.調節ネジが「閉」になってるか確認し、ガスボンベに接続

3.ゴトクを開く

4.調節ネジを軽く開けながら、点火スイッチを「カチッ!」

ティピーコペ
とてもシンプルな設計なので簡単です♪

【オーリック小型ガスバーナーM-7900】の収納方法

収納は火傷にきをつけて、ゴトクが冷えてるのを確認して行ってください。

1.ケースを準備する

ティピーコペ
センスは問われるけど、ボクは絵にかいてます♪この絵のおかげで、毎回ストレスなく収納できるようになりました♪

2.調節ネジを入れる

3.ゴトクを入れる

4.収納完成

なつめ
わりとコンパクトですね♪

まとめ

~初めてのアウトドア~

キャンプや庭キャン、登山でバーナーを使ってみたいけど、何を選ぶか迷う。

そんな時は、コスパ最強のM7900がおすすめです♪

  • 日本製だけど安くてコスパ最強
  • ゴトクが大きく使いやすい
  • 丈夫で長く使える
  • ハードケースがついてる
  • わりとコンパクト
  • わりと軽い
  • 風に弱い(風防を準備しよう)
  • 寒いと火が点きにくい
  • 点火装置が壊れやすい(ライターを準備しよう)
ティピーコペ
極端に寒い場所や、極端に荷物を減らす必要があったらそれなりの道具が必要ですが、そうでない人には超オススメです!
Field Boss 楽天市場店
¥4,780 (2022/05/25 22:00時点 | 楽天市場調べ)

最後に

いかがでしたか?

今回は信頼性があって、初めてのバーナーとして購入しやすいバーナーを紹介しました。

実際ボクの最初のバーナーもこれで、今でも使ってます♪

山頂などの「寒くて風が吹く環境」だとチョット厳しいので、その場合は専用バーナーを使ってますが、最初の1つ目はこのM7900がおすすめ♪

お湯が沸かせるようになったら是非おいしいコーヒーにもチャレンジしてみて下さい♪

ティピーコペ
↓ポチっと応援してくれたら励みになります♪
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村
Multiplex記事下【家でも山でも本格コーヒー】
スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事