初心者におすすめバーナーはキャプテンスタッグM7900

はじめてのバーナーを選ぶときは、その種類の多さに悩みます。

チャチャっと選べたらいいけど、メーカーや商品がありすぎて思考が停止するんですよね。

そこでこの記事では、『初心者におすすめのバーナーを1つ選べ』と言われたらまっ先に提案する「キャプテンスタッグのM7900」を紹介します。

実はボクの最初のバーナーも、このM7900です。『初心者にはコレがいいよ』と言って友達がプレゼントしてくれた思い出のバーナーです。

\さっそくチェック/

バーナーでお湯が沸いたら、おいしい「アウトドアコーヒー」はいかがでしょう。

アウトドアコーヒーの始め方

「キャプテンスタッグM7900」が初心者におすすめの理由(特徴)5選

そもそもこの「キャプテンスタッグのM7900」が、はじめてのバーナーに向いてると思う理由が下の5つです。

  • 日本製なのにコスパ最強
  • ゴトクが大きく、抜群の安定性
  • 火口が広いので、料理がしやすい
  • 丈夫で長持ちする
  • 収納、持ち運びに便利なハードケース付き

1.日本製なのにコスパ最強クラス

キャプテンスタッグは新潟県にあるメーカーで、大勢のキャンパーから“鹿番長(しかばんちょう)”と呼ばれてます。

日本製でタフな造りだから定価は8,000円を超えます。クオリティーが8,000円超えのバーナーがAmazonだと4,000円で購入できるので、コスパ最強のバーナーです。

日本製の他のメーカーだと平気で6,000円を超えるなか、定価8,000円クラスのバーナーが4,000円以下で買えるのは本当ありがたい。

2.ゴトクが大きく、抜群の安定性

直径110㎜の4本ゴトクですが、折りたたみ部分を伸ばすと175㎜になります。

本体も丈夫だしゴトクも大きいので、鍋やフライパン、ラージメスティン、重たいスキレットを置いてもかなり安定してます。

3.火口が広いので、料理がしやすい

火力が1点に集中するタイプもありますが、このM7900は火口が広いので、鍋底全体に火が届きやすいです。焦げ付きにくく、調理がすごくしやすいです。

4.頑丈、丈夫で長持ちする

「安い、頑丈、わりとコンパクト」という理由で、初めてのバーナーにM7900を買う人は沢山います。

丈夫なのでそのまま10年以上使ってる人もチラホラ見ます。

どのメーカーのバーナーも共通して点火装置はすぐに壊れますが、本体自体は丈夫で長く使用できます。

点火装置はいつ壊れるかわからないので、ライターは必ず準備しておきましょう。

非常時用ライター

5.収納、持ち運びに便利なハードケース付き

持ち運びに便利な専用ハードケースがついてます。

ケースに入れることで他のギアも傷つけないし、バーナー自体も守られます。

ハードケースなのでザックにも収納しやすいですね。

「キャプテンスタッグM7900」のスペック

ケースサイズ幅117×奥行105×高さ65mm
本体サイズ幅125×奥行125×高さ85mm
ゴトク収納時110㎜、拡張時175㎜
重量(本体)300g
出力2,700kcal/h

「キャプテンスタッグM7900」の注意点

ケース収納が難しいから、解決策を提示します

1度ケースから出すと、次どうやって収納したらいいか「???」になります。

まるで「パズル」です。現地でサッと収納できないと焦るんですよね。

解決策として、マジックで収納方法を簡単に手書きしましょう。

きっとこの絵が、収納時に役立ちます。

なつめ
カッコ悪いけど、仕方ないですね。笑
クポ
これも味だね!笑

風と寒い環境にはよわい

バーナー部分が「むきだし」で、風が吹いてると消えてることがよくあります。

火が消えてガスだけがずっと出てると危ないので、小まめに火の確認をしましょう。

より快適に使うには周りに「荷物や風防」を置いて風を防ぐといいですね。

気温が低いと火が点きにくいバーナーなので、「寒い環境で使う可能性がある人」はハイスペックなバーナーを選んだほうがいいです。

風と寒さに強いハイスペックバーナー

【キャプテンスタッグM7900】の使い方

1.バーナーと調節ネジをねじ込む

2.調節ネジが「閉」になってるか確認し、ガスボンベに接続

3.ゴトクを開く

4.調節ネジを軽く開けながら、点火スイッチを「カチッ!」

ティピーコペ
とてもシンプルな設計なので簡単です♪

経年劣化する「Oリング」は交換できる

長年使ってくと、もしかしたら「Oリング」がヘタってガスが漏れてくるかもしれません。

そんなときは、「Oリング」も販売してるので交換ができます。

交換用部品は「M-8801」です。

Aマートeショップ
¥1,020 (2022/03/04 16:31時点 | 楽天市場調べ)

「キャプテンスタッグM7900」のスタッキング

収納は火傷にきをつけて、ゴトクが冷えてるのを確認して行ってください。

1.ケースを準備する

ティピーコペ
センスは問われるけど、ボクは絵にかいてます。この絵のおかげで、毎回ストレスなく収納できるようになりました♪

2.調節ネジを入れる

3.ゴトクを入れる

4.収納完成

なつめ
わりとコンパクトですね♪

「キャプテンスタッグM7900」の口コミ

Field Boss 楽天市場店
¥4,780 (2022/10/03 06:24時点 | 楽天市場調べ)

まとめ

この記事では、『はじめてのバーナー選びに強くおすすめしたい一品』キャプテンスタッグのM7900を紹介しました。

おすすめする理由がこちら。

  • 日本製だけど安くてコスパ最強
  • ゴトクが大きく使いやすい
  • 丈夫で長く使える
  • ハードケース付きでスタッキングがらく
  • わりとコンパクトで、わりと軽い

でも性能が完璧というわけではないので、非常用のライターや風よけの準備はしておいた方がいいです。

また、寒い環境で使うことを考えてる人は、「寒い環境だとそもそも火が点かない」ので、もっとハイスペックなバーナーを選ぶ必要がでてきます。

寒い環境でも使えるSOROウインドマスター

バーナーでお湯が沸いたら、おいしい「アウトドアコーヒー」はいかがですか?

アウトドアコーヒーの始め方